〔チョコレート特化型サイト〕人気チョコレート店の現地リポート、コンビニチョコ、高級チョコ情報などをお届けするチョコレート専門情報サイト!

明治『きのこの山』のパッケージに隠された3つの謎とは・・?!

 

スポンサードリンク

 

『きのこの山』と『たけのこの里』ひさびさに購入!

 

『コレを食べるのって何年ぶりだろう・・?!』

ってくらい、ひさしぶりに買ったチョコレートがこちら。

meiji 『きのこの山』と『たけのこの里』

きのこの山 たけのこの里 1

 

はじめは『たけのこの里』だけ買うつもりでスーパーに行ったけど
となりにあった『きのこの山』が(おーいっ!オレも買ってけー!)
と、言わんばかりのオーラを発していたので2つ買うことに・・。

きのこの山からしてみたら、4つ後輩のたけのこの里に
『負けてたまるかよ!』って心中だったのでしょう。

きのこの山が発売されたのが1975年(昭和50年)で
たけのこの里は1979年(昭和54年)。

なので、きのこの山のほうが4つ先輩にあたるわけです。

明治製菓の姉妹品としてロングセラーをキープしている両者ですが
仲が明治いいのか悪いのか、ちょっと気になる・・。

『それにしても、どっちのほうが売れてるのかな・・?!』

以前からネット上で『どっちが売れてるの?!』と、なにかと
比較されてきましたが、一体、どっちのほうが売れているのでしょうね。

気になったので、ちょっと調べてみることに。

 

『きのこの山VSたけのこの里』どっちが人気か検証してみた!

 

いろいろ探ってみると『きのこの山』と『たけのこの里』って
似ているようで違いがけっこうあるみたいです。

まず、決定的な違いとして『きのこの山』の柄の部分がクラッカー
なのに対し、弟分の『たけのこの里』はクッキーであるということ。

この違いが、大きな決定打となりそうですね。

次に、チョコレートの部分。

どちらも、ミルクチョコとビターチョコの二層になっている点は
同じですが、量は少し『きのこの山』のほうが多いとのこと。

チョコ量が多い『きのこの山』のほうは内容量82gなのに対し
『たけのこの里』は77gと、すこし少なめ。

 

きのこの山 裏

たけのこの里 裏

 

あと、気になるのは形。

きのこの山は、柄のクラッカー部分がとても持ちやすくて
手を汚したくない人にとっては好都合の形。

たけのこの里は、クッキー部分がとても短いため
きのこの山と比べると、手にチョコがつきやすい形といえるでしょう。

 

きのこの山 たけのこの里

 

調べてみたところ『たけのこの里』の方が売れてるみたいです。

やはり、クッキーベースなところが大きな勝因のようですね。

あと、きのこの山はチョコとクラッカーが分離しているのに対し
たけのこの里は『チョコとの一体感が楽しめる!』との意見も。

『なるほど・・。』

わたしも何を隠そう『たけのこ党』なので、これらの勝因には納得!

でも、やっぱりお兄ちゃんの『きのこの山』にも頑張ってほしいと
思う、今日このごろ・・。

『きのこの山』のパッケージに隠された3つの謎とは・・?!

 

『きのこの山』と『たけのこの里』の箱をなんとなくジーッと
見つめていると、あるものを発見!!

どれだかわかりますか?!

 

きのこの山 たけのこの里 重ねた

 

お気づきの人もいるかもですが
きのこの山の箱には、おじいちゃんの姿が描かれています。

一体、誰なんでしょうか?!(笑)

 

きのこの山 おじいちゃん

 

さらに、あけくちをパカッと開封してみると
開けてビックリ、中から赤ん坊の姿が・・!

きのこの山なだけに『きのこ姫』だったりするのかも・・。

 

きのこの山 赤ちゃん

 

さらにビックリ!!きのこの山のパッケージ表に『謎の卵?!』のようなものが
描かれていました・・。

一体、なんの卵なんでしょうね?!

『むっ!気になる・・』

謎は深まるばかり。

 

きのこの山 たまご

 

ちなみに、たけのこの里のパッケージを開けてみると
そこには『鶴の羽』が描かれていました。

たけのこの里のパッケージ表には鶴が描かれているので
これは『なるほどね!』って理解できました!

 

たけのこの里 開封

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

やっぱり『クッキーベースか、クラッカーベースか・・』って
いうところが人気を左右する1番の分かれ道だったようです。

でも、たけのこ党の私でも、きっと毎日たけのこの里を食べていれば
たまには、きのこの山も食べたくなると思うんですよね。

『ぶっちゃけ、あんま変わんないじゃん・・』って
ちょっと思ってしまいました(笑)

おしくも人気では負けてしまった『きのこの山』でしたが
きのこの山のパッケージには、気になる絵が3つありました。

一体、なんの意味があるのでしょうか・・?!

謎の老人に、謎の赤ちゃん、そして謎の卵・・。

きのこの山のパッケージはミステリーだらけです。

これは、本社に問い合わせてみる価値があるかも・・。

 

 

ご興味のある方は、こちらが商品ページとなっております。

明治『きのこの山&たけのこの里』20箱セット

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール

チョコ介

      チョコ介

チロルチョコの聖地、福岡からチョコレート情報を発信しつづける20代男子チョコレートおたく。

コンビニチョコや海外チョコ、カカオの優れた健康効果などあらゆるチョコレート情報をお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

チョコ介のつぶやき(フォロー大歓迎です!)

スポンサードリンク