〔チョコレート特化型サイト〕人気チョコレート店の現地リポート、コンビニチョコ、高級チョコ情報などをお届けするチョコレート専門情報サイト!

新旧チョコ駄菓子バトル!『ブラックサンダーVSセコイヤチョコ』

 

スポンサードリンク

 

チョコ駄菓子界のライバル『ブラックサンダー&セコイヤチョコ』


スーパーなんかに行くと、よく見かける駄菓子コーナー。

なつかしい駄菓子がたくさんあって、ついつい
『なつかしいなぁ・・』って子供のころを思い出しちゃいます。

 

トライアル 駄菓子コーナー

 

チロルチョコにチョコバット、ごえんがあるよ(通称:五円チョコ)
なんかもよく食べてたなぁ。

駄菓子コーナーって、なんだか和むってゆうか雰囲気が
落ちつく感じで、個人的には穴場スポットだったりします。
(スーパーの売り場の中で1番スキかも・・)

値段も安いものばかりだから、ついたくさん買ってしまいがち
だけど、ここは小学生のころの遠足(500円までだったかな?)
を思い出して『よし!今日は100円までっ!』(笑)

ってことで購入したのがコチラの2つ。

永久不滅の黒い雷神『ブラックサンダー』
チョコ駄菓子界のエース『セコイヤチョコレート』

 

セコイヤ&ブラサン

 

どちらも近所の激安スーパーで買ってきたのですが
なんとビックリ!どちらも1個27円の激安価格!
(さすが市民の味方、スーパーセンター○○○○○です。)

ってことで、価格はどちらも30円くらいでサイズ的にもほぼ同じ。

セコイヤはフルタ製菓の看板商品であり、はたまたブラサンも
有楽製菓の看板商品である。

おたがいチョコ駄菓子同士であり、ともに会社の看板を背負っている
ライバルのような関係の両者・・。

なにかと比較されがちの両者だけど、一体どっちのほうが
人気があるのでしょうね?!

ってことで、ちょこっと調査してみました!

まずは、両者のカンタンな自己紹介から。

 

『セコイヤチョコレート』ってどんなチョコ?

 

ウェハースをミルクチョコレートでコーティングした
サクサク食感が持ち味のセコイヤチョコレート。

 

セコイヤチョコレート ミルクとイチゴ

 

北海道産の生クリームを使っているからなのか
ミルクチョコもまろやかで、とても美味しい。

そんなセコイヤチョコが発売されたのは、今から38年前の1976年。

発売から38年たった今でも、フルタ製菓のロングセラー商品として
人気をキープしている定番のチョコ駄菓子である。

ただ、中には『リニューアル前のほうがスキだった・・』といった
人もいるようですね。

以前はウェハースが3層だったのに、リニューアルされた現在では
ウェハースが2層になってるんです。

デザインじたい、ほとんど変わっていないので
少しわかりにくいですが、見比べてみると3層から2層へ
リニューアルされちゃってますね。

 

旧セコイヤ(リニューアル前)
セコイヤ旧タイプ 3層外観

 

新セコイヤ(リニューアル後)
セコイヤ 新タイプ 2層外観

 

旧セコイヤ断面図(リニューアル前)
セコイヤ旧タイプ 3層断面図

 

新セコイヤ断面図(リニューアル後)
セコイヤチョコレート ミルクとイチゴ 断面図

 

『ゲッ!ほんまやんっ!しらんやった・・』って人もいると思いますが
わたしも調べてみて気づきました(笑)
(わかりづらいよね・・)

『2層になりサクサク感が落ちた。』

といった意見もありますが、実際にはチョコレートそのものが
美味しくなっているようです!

メーカー側も『2層になり、さらに美味しくなりました!』

と、言っていますし3層から2層になっても品質じたいはUP
しているようです!

もともと美味しかったものを、さらに美味しくするとは・・。

『さすがメーカーやな・・。』

ちなみに『セコイヤ』という名前は『セコイ(ケチ)』という
意味ではなくて(当たり前か・・(笑)アメリカ西海岸の山脈
にある、世界一大きな大木『セコイヤ』が由来している。

 

セコイヤの木

 

『セコイヤチョコレートを食べた子供たちが、セコイヤの木の
ように大きく育ちますように・・。』

といった、子供たちに対する気持ちが込められている。

なので、見た目もこんな感じで木目なんです。

 

セコイヤチョコレート ミルクとイチゴ 開封

 

定番のミルクとイチゴを筆頭に『きなこ』『とろける濃厚ホワイト』
『蔵出し抹茶』『焼きりんご(期間限定)』『リッチショコラ』など
味のバリエーションも豊富。

 

『ブラックサンダー』ってどんなチョコ?

 

ココアクッキーとハードビスケットのザクザク感が心地よい
『黒い雷神』でおなじみのチョコバー。

 

ブラックさんだー

 

1994年に発売され、今年でピチピチの20才になりました!

『へぇ~!意外と若かったんだね・・。』

今でこそ大人気のブラックサンダーですが、以前は10年くらい
売れなかった時期もあったようです。

あまり売れ行きがよくないので『終売』にする話も
でていたとか・・。

その後、2度の商品パッケージのリニューアルをおこない
少しづつ人気がでてきたようです!

 

《初代》1994年発売当初のデザイン
ブラックサンダー初代

 

《2代目》2000年~
ブラックサンダー2代目

 

《3代目》2003年~2013年
ブラックさんだー

 

《4代目》2013年~現在
ブラックサンダー1

 

3代目の『若い女性に大ヒット中!』が、4代目になると
『世界を脅かす衝撃!』に変わってます(笑)

今や世界中で人気のブラックサンダーですから
ピンとくるキャッチコピーですね。

20周年を記念してリニューアルされた4代目は
バリエーションが4種類あるようです。

『世界を脅かす衝撃!』

『チャンピオン味!!!!!』

『お菓子界の小さな巨人』

『自分を変えるひそかな快感!』

 

ブラックサンダー4代目 バリエーション

 

『プッ(笑)』

チャンピオン味・・(笑)

相変わらずツボをついたキャッチコピーです。

で、話をもどして・・2008年のオリンピックで銀メダルを
獲得した体操選手『内村 航平』の好物と知られたことで
さらに人気が急上昇!

その後も人気は落ちることなく、今となっては国内はもちろん
海外でも大ヒット中!

まさに、日本が世界に誇るチョコバーですね。

 

スポンサードリンク

 

新旧チョコ駄菓子バトル!『ブラックサンダーVSセコイヤチョコ』

 

で、本題の『どっちのほうが人気あるの?!』って話ですが
ブラックサンダーは2009年度の年間販売数が1億3000万
こえてるみたいですっ!

『い、いち、いちお・・スゴっ!』

ってことで、ブラックサンダーの人気ぶりは、もうヤバイです。

『30円で、あのボリューム感はすごい!コスパ最高っ!』

っていうのが、大きな人気の理由なんだとか・・。

通常ブラックサンダーはもちろん、白いブラックサンダーも
かなり人気みたいですね。

・・かといって、セコイヤが人気がないってことは
まったくありませんよー!!(汗)

ってか、実はワタシ『セコイヤ派』なんですっ!(笑)

結果的にはブラックの勝ちですが(ただ単にブラサンが売れすぎ・・)
セコイヤは38年たった今でも人気のあるチョコレートに
変わりはありません。

なにはともあれ、これからも比較され続けていくであろう

『ブラックサンダー&セコイヤチョコレート』

セコイヤ派として、次のリニューアルに期待ですっ!!

 

 

ご興味のある方は、こちらが商品ページとなっております。

『ブラックサンダー』10個入り

『ブラックサンダーミドルサイズ』1袋7個入り

『セコイヤチョコレート』30個入り4種の味

『セコイヤチョコレート』ミルク30個入り

『セコイヤチョコレート』いちご30個入り

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール

チョコ介

      チョコ介

チロルチョコの聖地、福岡からチョコレート情報を発信しつづける20代男子チョコレートおたく。

コンビニチョコや海外チョコ、カカオの優れた健康効果などあらゆるチョコレート情報をお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

チョコ介のつぶやき(フォロー大歓迎です!)

スポンサードリンク