〔チョコレート特化型サイト〕人気チョコレート店の現地リポート、コンビニチョコ、高級チョコ情報などをお届けするチョコレート専門情報サイト!

チョコレート専門店「横浜チョコレートのバニラビーンズ」とは・・?!

 

スポンサードリンク

 

横浜チョコレートのバニラビーンズは
社長の八木克尚さんを筆頭に
チョコレートを愛するスタッフやショコラティエが集まった
チョコレート専門メーカーです。

 

 

【代表 八木 克尚】
00

main_vi

 

 

こちらが会社ロゴ。

 

logo

 

 

社長、スタッフ全員の信念を象徴する木の幹。
お客様、作り手、原産国の人々を表す三本の枝。
人々の様々な想いと願いをのせて育つ七枚の葉。

 

スポンサードリンク

 

 

そして、世界の人々の心がひとつになり
幸せの果実「カカオ」は生まれる。。

 

ロゴにも、スタッフたちの熱い思いが込められています。

 

また「チョコレートで世界を幸せにする」を信念とし
販売するチョコレートは
すべて「フェアトレードチョコレート」
といった徹底したこだわりを持っています。

 

 

800top

 

ちなみにフェアトレードとは「公平貿易」のこと。

発展途上国の原料、作物、製品などを
適正な価格で取引することで
立場の弱い途上国の生産者や労働者の
生活改善と自立を目指す運動のことをいいます。

 

 

2

 

発展途上国では、原料であるカカオ豆の収穫を
子ども達が行っている国があります。

 

子ども達はチョコレートを食べることができず
家族のために学校にも通わずに働いています。。

 

そんな厳しい現実を変えたいという想いから
発展途上国の子どもたち、食べる人、作り手側が
幸せでいられるようなチョコレート作りを信念においている。

 

また、2008年に原産国であるガーナの子どもたちのために
「学校建設プロジェクト」を立ち上げた。

 

オークションなどを通じ集めた募金は
2013年の5年後に500万円を超えている。。

 

 

ghanapro_top_new

 

また「東北地方太平洋沖地震」があった際に
被災地応援プロジェクトを立ち上げ
当店人気NO.1の「ショーコラ-CHOCOLAT-」10000個を
被災地の方たちに贈り届けている。

 

 

csr_2011thproject

 

チョコレート作りに対する情熱だけでなく
被災地の方たちへの救援物資や
さまざまな支援活動に取り組むそのスタイルは
人間味のある、人としてのあたたかさを感じることができる。。

 

「チョコレートで世界を幸せにする」
といった熱い気持ちが、しっかりと伝わってきます。

 

 
2014年1月18日には横浜市みなとみらい地区に
記念すべき本店もオープンし
これからも目が離せないチョコレート専門店
「横浜チョコレートのバニラビーンズ」

 

今後も、チョコレート作りだけでなく
今までと同じように
世界中の人たちが笑顔になれるような
素敵なサービスを提供していってくれるでしょう。。

 

これからのバニラビーンズに更なる飛躍と成功を願って。。

 

 

 

 
【店舗の歴史】

 

2000年4月:「横浜チョコレートのバニラビーンズ」楽天市場に出店。

2007年9月:女性が元気になるチョコレート店「バニラシュガー銀座」オープン。

2011年4月:「バニラシュガー エキュート上野店」オープン。

2012年5月:「バニラシュガー エキュート上野店」クローズ。

2014年1月:「バニラビーンズ みなとみらい本店」オープン。

 

 

 

 

ご興味のある方は、こちらが商品ページとなっております。
【横浜チョコレートのバニラビーンズ】ショーコラ

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール

チョコ介

      チョコ介

チロルチョコの聖地、福岡からチョコレート情報を発信しつづける20代男子チョコレートおたく。

コンビニチョコや海外チョコ、カカオの優れた健康効果などあらゆるチョコレート情報をお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

チョコ介のつぶやき(フォロー大歓迎です!)

スポンサードリンク