〔チョコレート特化型サイト〕人気チョコレート店の現地リポート、コンビニチョコ、高級チョコ情報などをお届けするチョコレート専門情報サイト!

チョコレート4大革命

 

19世紀になりココアが発明され、甘いミルクチョコが誕生しました。これまで苦かったチョコが姿を変えた大きな革命の時代です。本節では、そんなココアやミルクチョコの誕生エピソードについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

チョコレート4大革命

 

1828年【ココアの誕生】

 

これまで栄養価が高いことから貴重な飲み物とされてきたチョコレートですが、当時のチョコレートは口当たりが悪くお世辞にもおいしいと言える代物ではありませんでした。

おいしく飲めるようにするには、カカオ豆に含まれているココアバター(脂肪)を除去する必要があったのです。そんな時、オランダ人ヴァン・ホーテンが余分なココアバターだけを抽出する機械、圧搾機(あっさくき)を発明しました。

圧搾機の発明により、余分なココアバターを28%まで減らすことに成功。おまけに出来あがった粉末タイプのチョコレートは、とてもお湯に溶けやすく誰でも手軽に作れるチョコレートとして広まっていきました。

こうして以前の飲みづらかったチョコレートとは一変し、さらさらと口当たりのいいココアが誕生しました。

 

②1847年【食べるチョコレートの誕生】

 

イギリスのJ・S・フライ・アンド・サンズ社が固形チョコレートの発明に成功。さらに2年後には板チョコも発売され、ここに来てようやく現在のような固形チョコレートが誕生しました。

これが板チョコのはじまりです。しかし、当時の板チョコは甘さがたりず苦かったため、とても万人に受け入れられる味ではなかったようです。

 

スポンサードリンク

 

③1876年【ミルクチョコレートの誕生】

 

スイス人のダニエル・ペーターが、チョコレートにミルクを加えた甘いチョコレートの発明に成功。これがミルクチョコレートのはじまりです。

 

④1879年【コンチェの発明】

 

スイス人のルドルフ・リンツが、チョコレートを長時間かけて練りこむ機械、コンチェを開発。

コンチェで長時間かけて練りあげることにより、これまでザラザラした舌触りだったチョコレートは、まろやかな口どけのチョコレートに一変。

こうして現在のような、おいしい固形チョコレートが誕生しました。

以上で、チョコレートの歴史【3章】『チョコレート4大革命』のご紹介を終わります。続きのラスト4章では、いよいよチョコレートが日本に上陸!最初にチョコを食べた日本人は誰か?一体、どのようにしてチョコが日本に広まっていったのかなど、詳しくご紹介します。
↓続きはこちらとなっております。
チョコレート、日本上陸!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 2月 26日

スポンサードリンク

プロフィール

チョコ介

      チョコ介

チロルチョコの聖地、福岡からチョコレート情報を発信しつづける20代男子チョコレートおたく。

コンビニチョコや海外チョコ、カカオの優れた健康効果などあらゆるチョコレート情報をお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

チョコ介のつぶやき(フォロー大歓迎です!)

スポンサードリンク