〔チョコレート特化型サイト〕人気チョコレート店の現地リポート、コンビニチョコ、高級チョコ情報などをお届けするチョコレート専門情報サイト!

バレンタインデーの由来と起源!チョコレートとの関係は?!

 

意外に知られていないバレンタインデーの歴史についてご紹介します!そもそも、なぜチョコレートなの?!気になる海外バレンタイン事情や、義理チョコやホワイトデーの由来についてもご紹介!

 

スポンサードリンク

 

バレンタインデーのルーツ

 

バレンタインデーのモデルとなった人物

 

バレンタイン 8

 

舞台は西暦3世紀のローマ帝国。当時のローマ皇帝クラウディウス二世は、愛する家族との別れをおしむ兵士たちが戦地に出向こうとしなかった事に困り果てていました。そこで『家庭を持つことは軍の士気低下につながる』と考えたクラウディウス二世は、兵士たちに対し結婚禁止令を命じました。ところが、結婚できない兵士たちを哀れに思ったある一人の人物が、皇帝にバレないよう密かに兵士たちに手を貸し結婚させました。

 

その人物こそ、バレンタインデーという語源のモデルであるキリスト教の司祭バレンタインです。後にこの出来事が発覚し269年の2月14日、バレンタインは処刑されてしまったのです

 

バレンタインデー誕生!

 

バレンタイン 3

 

聖バレンタインが亡くなった約200年後のローマでは、毎年2月14日に未婚の男女がクジ引き形式でカップルを決めるルぺルカーリア祭というイベントが取り行われていました。しかし、風紀的な問題を感じたキリスト教はルぺルカーリア祭を廃止し、代わりに殉教したキリスト聖人を祀る日にしようと提案します。

 

こうして選ばれたのが、200年前に兵士たちの結婚のため自らの命を犠牲にした、聖バレンタインです。その後、キリスト教では毎年2月14日は男女が愛を誓い合う『聖バレンタインの日』として、恋人にメッセージカードや花束を贈るようになっていきました。この習慣が、次第に世界中に広まり日本にも『バレンタインデー』として根付いていったのです。

 

バレンタインデー豆知識

 

そもそも『バレンタインデー』とは日本流に省略した呼び方で、正式には英語で『Saint Valentine’s Day』と言い、訳すと『聖バレンタインの日』になります。

 

バレンタインデー日本に上陸!

 

なぜ日本はチョコレートなの?!

 

日本に初めてバレンタインデーが伝わったのは1936年の出来事で、神戸の洋菓子店モロゾフ『バレンタインデーは愛する人にチョコレートを』というキャッチコピーを新聞に掲載したのが最初です。その後、1958年(昭和33年)メリーチョコレートカンパニー(日本の菓子メーカー)が新宿伊勢丹にて『バレンタインは女性から男性へチョコを贈ろう!』といったテーマのバレンタインセールを行いました。

 

それに続いて、森永製菓や他メーカーも『バレンタインデーは女性から男性にチョコを』というPRを行い、日本チョコレート・ココア協会により2月14日は『チョコレートの日』と位置づけられました。その結果、70年代になって『日本のバレンタインデーは女性から男性へチョコレートを贈る日』と言うのが定着しました。これが、日本のバレンタインにチョコレートを贈るようになった由来です。

 

義理チョコの由来

 

バレンタイン 6

 

1980年代にはいると『義理チョコ』が日本に誕生しました。ちなみに、義理チョコは海外には無い日本独自の習慣です。名づけ親は不明ですが、OLが職場で本命チョコをもらえなかった同僚に対して『義理人情』で贈るようになったのがルーツではないかと言われています。また、企業による『人間の情』を利用したイメージ戦略により定着していったようです。

 

ホワイトデーの由来

 

ホワイトデーとは、バレンタインデーに女性からチョコをもらった男性が、毎年3月14日にマシュマロ、クッキー、チョコレートなどを女性にお返しするイベントとして知られています。ホワイトデーは日本で発祥した風習で、韓国、台湾、中国などでは習慣化していますが、欧米には無い風習です。ホワイトデーの起源や歴史については、いくつか諸説がありますが、一体どれが元祖なのかは謎のようです。

 

全飴協のホワイトデー元祖説

 

全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が、1980年(昭和55年)にホワイトデーを開始したという説があります。3月14日にした理由について全飴協は『聖バレンタインが殉教した一ヶ月後の3月14日に恋人同士があらためて愛を誓いあったという由来からきている』とのこと。

 

スポンサードリンク

石村萬盛堂のホワイトデー元祖説

 

1978年(昭和53年)に、福岡の菓子メーカー石村萬盛堂『マシュマロにチョコ(優しさ)を包んでお返しする』といった意味合いから、3月14日にチョコレートマシュマロを販売したのがホワイトデーの始まりと言う説があります。石村萬盛堂のチョコマシュマロが引き金となり、他メーカーが3月14日にチョコレートやクッキーを発売して広まったそうです。

 

ホワイトデーの名づけ親は誰?!

 

ホワイトデーの名づけ親として知られているのが、上で紹介した全飴協です。しかし、なぜホワイトなの?という理由について全飴協は『ホワイトは純潔の象徴であり、爽やかな10代の純愛にピッタリだから』と述べています。

 

日本と海外のバレンタインデーの違いは?!

 

バレンタイン 7

 

日本のバレンタインデーといえば女性から男性へチョコレートを贈るのが普通ですが、欧米など諸外国ではどちらかというと男性から女性へカードや花束を贈るのが主流なんだとか。基本、性別関係なく日頃お世話になっている家族や友人などにもプレゼントを贈るのが海外スタイルのようです

 

日本のようにチョコレートを贈るといった習慣もなく、海外では花束が一番人気の贈り物なんだそうです。ちなみに、1868年にイギリスの菓子メーカーキャドバリー社が、バレンタイン向けにチョコレートボックスを発売したことはありますが、イギリスでは流行せずに今も昔も花束やメッセージカードなどが贈られています。

 

進化し続ける日本のバレンタインデー!

 

海外にはない日本独自のスタイルが根付いたバレンタインですが、そのオリジナリティーは現在も進行中のようで、どんどんユニークな風習が増えていますね。たとえば、同性の友人に贈る『友チョコ』や、もらえなかった人が自分用に買う『自己チョコ』とか、男性から女性に贈る『逆チョコ』『逆バレンタイン』などなど、今や日本のバレンタインは海外よりも縛りのない自由なバレンタインスタイルに変わりつつありますね(^^)

 

決してイケない事ではなく、むしろ面白いことだな~と個人的には思います♪来年のバレンタインは、また新たな『??チョコ』なるものが誕生するかも・・?!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

プロフィール

チョコ介

      チョコ介

チロルチョコの聖地、福岡からチョコレート情報を発信しつづける20代男子チョコレートおたく。

コンビニチョコや海外チョコ、カカオの優れた健康効果などあらゆるチョコレート情報をお届けします。

カテゴリー

アーカイブ

スポンサードリンク

チョコ介のつぶやき(フォロー大歓迎です!)

スポンサードリンク