HOME>イチオシ情報>借りるときには費用だけでなくルールやマナーを調べておこう

契約期間は必ず守る

握手

賃貸事務所を借りる人は、ほとんどが会社経営者になります。会社経営者以外でも、個人事業主で借りるケースなどもあるかもしれませんが、基本的に1人で作業する場合にはまずそれにふさわしい部屋があるとは限らないでしょう。つまり、個室等があるケースは少ないといえます。ただ最近は、個室等が用意されているところもやや増えてきている傾向があります。借りる場合の注意をしておきたいのは、非常に常識的な事ですが借りている期間をしっかり守ることです。特に、退去しなければならない時期に退去する準備が整っていない会社などもあり、オーナーに対して甚だ迷惑をかけてしまうことになります。

賃料はどれぐらいが妥当なのか

女性

貸事務所を借りる場合には、金銭的なことをしっかりと調べておきたいところです。もしその点がいい加減な場合には、会社の売り上げが高くなったとしても、無駄に経費がかかってしまうことになり黒字化するのが難しくなってしまいます。賃貸事務所を借りる場合には、賃料を払うことになりますが、場所によって大きく変わってくるでしょう。東京の新宿などであれば、賃貸事務所を借りるのに1ヵ月当たり500,000円以上かかります。そこまで面積が広くなくても、費用はかかるものです。

手数料なども忘れてはいけない

マンション

賃貸事務所を借りる以上は、手数料等も頭に入れておかなければならないところです。物件を借りる場合には、通常知っている人から直接借りる場合でない限り、間に不動産会社が入ります。そして不動産会社に対しては、お金を支払って仕事をしてもらうわけです。不動産会社に支払う場合には、その相場を知っておいたら良いでしょう。通常は、物件の初期費用の6%前後になるのが普通です。中には、それ以下になっているケースもありますが、そのようなところはとても人気があるため、激しい競争が行われることになります。

広告募集中